魅力たっぷり広島県三次市

広島といえば
三次といえば
魅力たっぷり広島県三次市

広島県三次市の名物

広島県三次市の名物って?

広島県三次市の名物で特にお勧めのものをまとめました(*´∀`*)

ワニ

山間部の広島県三次市ならではの郷土料理。三次市地域での「ワニ」とは、「鮫(さめ)」のことです。びっくりしましたか?かつての三次市では、腐りにくいワニの身は、山間部で食べられる貴重な魚として重宝されていました。この地方特有の食材であるワニは料理店などで食べられるほか、スーパーにも並びます。一番おいしい時期は、身がしまった秋から冬にかけて。現在も、おもてなし料理として親しまれています。通常の魚が3日程度しかもたないのに対して、サメは2週間程度もつといわれています。そのため、当時の三次市の住民が刺身で食べることが出来た唯一の海の魚が、サメだったのです。

三次市におけるワニ人気

流通機構が発達した今でも三次市におけるワニに対する人気は根強く、「『わに』が無いと祭りも正月も来ん」といわれるほど、ハレの日のごちそうとして一般家庭でもよく振る舞われます。また、ワニの肉はこの地域ではスーパーマーケットに並ぶことも多いのです。さらにワニの身は柔らかくあっさりしているため、いくら食べてもお腹にもたれず、「腹がつべとうなる(冷たくなる)ほど『わに』を食う」という言葉もあるくらいです。

ワニの調理法

生で、焼きで、揚げで、丼で、とワニの調理法はさまざま。独特の風味を消すために「刺身は湯引き(当該地域では「湯ぶき」と言う)して生姜醤油で食べる」など、調理法に工夫がこらされています。しかし、独特の歯応えや風味を楽しむために、敢えて刺身のまま生姜醤油で食べる人もいることから、いかに根強い人気があるかを垣間見せます。ワサビ醤油よりも、生姜醤油の方が刺身には合うようです。 夏などにも食べられますが、一番おいしいのは、身のしまる秋から冬の季節で、正月などのハレの日のご馳走として重宝されています。三次市や庄原市等の市内のすし屋で、メニューに並ぶこともよくあるそうです。この三次市内では刺身で食べるのが主流でしたが、最近では、わにバーガーやワニ丼といったサメを使った商品も販売されるようになってきています。もっともポピュラーな食べ方は、刺身。柔らかい食感であっさりとした味が特徴。また、火を通すと鶏肉のような独特な食感が楽しめまする。

主な料理

  • ワニの刺身
  • わに茶漬け
  • わにの炊き込みご飯
  • わにの刺身
  • わにの湯引き
  • わにのフライ
  • わにの天ぷら
  • わにの南蛮漬け
  • わにカツカレー
  • 煮こごり
  • わーにんぼ
  • わに丼
  • わにバーガー
  • わにまん
広島に行きたい!

三次ピオーネ

三次ピオーネは、広島県三次市の三次ピオーネ生産組合で収穫されたピオーネのことです。三次ピオーネは、マスカットと巨峰をかけあわせた最高級のぶどうです。色づきのいい大粒の実は、糖度も高く、みずみずしく柔らかく、種がないため食べやすいのが特徴です。三次ピオーネ生産組合は、昭和49年(1974年)創立の老舗のブドウ生産組合です。当時、広島県立果樹試験場で育成段階にあったピオーネを、いち早く取り入れて栽培を始めました。その後、栽培技術の研鑚を推し進め、現在では僅か20戸の小所帯でありながら、広島県ではピオーネのトップブランドとして君臨し続けています。

三次ピオーネあれこれ

ハウス栽培のピオーネと、露地栽培のピオーネは基本的には、全く同じ物です。が、ハウス物は酸味が殆どない分、甘さが際立ちますが、露地物は酸味が少しある分、コクがあります。どちらが美味しいかは、人によって感じ方が違いますので、一概には言えませんが、甘さのハウスものに対して、味の露地ものと言ったらよいでしょうか。それと、一番の大きな違いは、お値段です。ハウス物は、設備費や暖房費などのコストがかかりますが、露地物ではそれらが必要ないため、10~20%安くなります。

三次ピオーネの魅力

三次ピオーネの魅力は、何と言っても、その品質の高さにあります。三次市は、広島県の北部、中国山地のほぼ中央部に位置する盆地にあります。その為昼夜の温度差が大きく、ピオーネの着色を促進させ、糖度を高くしています。また、長年の栽培技術の蓄積は、他産地の追随を許しません。ブドウは肩の部分が最も甘く、お尻に行くほど甘さが落ちると言われています。しかしながら、三次ピオーネはその差が小さく、そのことは技術の高さを示しています。

三次ピオーネの歴史

ピオーネは、昭和32年(1957年)に静岡県でカノンホールマスカットと巨峰をかけ合せて生まれました。巨峰の甘さと大粒に、マスカット系の肉質の良さプラス小味を持ち、巨峰の脱粒し易いという欠点をも改善した、ブドウの最高傑作と言えるでしょう。広島県内以外の市場には出荷していないため、全国的な知名度はありませんが、広島県産の最高級ブランドとして、地元では大切にされています。

三次ピオーネの栽培

三次ピオーネの栽培は決して容易ではなく、栽培には高度の技術を必要とします。ピオーネという名前は、パイオニア(開拓者)のイタリア語読みで、昭和48年(1973年)に種苗登録されました。ピオーネは低温と雨に弱いのが欠点です。瑞々しさを失わない、大粒プッチリ三次ピオーネ。三次市は、盆地特有の気候のため、冬寒く雨も比較的多いため、ピオーネ作りに最適の地とは言えません。しかしながら、着色期の6~8月には昼夜の温度差が大きい(10度以上)ため、高糖度で大粒の「黒い真珠」と言われるに相応しいピオーネが生まれます。

乳団子

広島県三次市を代表する土産菓子のひとつである「乳団子」は、牛乳に餅粉、砂糖、水あめ、はちみつなどを混合して作られる求肥飴という和菓子です。福山市や広島市のデパート等でも販売されていて、RCCラジオやHFMでも「備後名物・乳団子」としてCMもしばしば流れ、広島県民にその知名度も高い和菓子です。広島からの移民が多かったハワイでも製造されていて、非常にポピュラーなお菓子となっています。

乳団子の元祖

広島県庄原市の和泉光和堂(いずみこうわどう)が元祖です。1900年(明治33年)に現庄原市内の七塚原高原に、農商務省直営の種蓄牧場が設立され、広島県における酪農のはしりとなりました。和泉光和堂の初代は、ここで生産される牛乳に目をつけ、滋養に富む菓子を作ろうと考え、苦心の末についに1934年(昭和9年)初めて乳団子を発売したのです。

淡雪/淡雪羹

広島県三次市を代表する土産菓子のひとつ、「淡雪/淡雪羹」。水を加えた寒天を火にかけて溶かし、砂糖を加えてしばらく煮詰めたものに、メレンゲをあわせて固めたお菓子です。三州岡崎宿名物であったあわ雪豆腐を模して作られた、溶け出しそうな雪のように舌の上でとろける食感が特徴です。メレンゲを合わせる際に、荒熱を取らないと分離するため、人肌(ひとはだ)程度まで冷ますと良いです。ちなみに寒天の代わりにゼラチンを使えばマシュマロになります。泡雪、阿わ雪、淡雪かんとも呼ばれています。

お気に入り