魅力たっぷり広島県三次市

広島といえば
「アパート」「マンション」「一戸建て」高槻市で賃貸がご希望をうかがいます。「高層集合住宅」の意味では賃貸・分譲を問わず「アパートメント」が一般的?!
あるヒーリングを試してみたけど効果がなかったからといって諦める前に他のヒーリングを受けてみませんか?オアシス http://healing-oasis.biz/type/en_kaku.phpではあらゆるヒーリングを紹介しております。ぜひご覧下さい。
三次といえば
魅力たっぷり広島県三次市

広島県三次市の三次人形

広島県三次市の三次人形

三次人形の発祥は、寛永18年(1641)に、三次藩祖浅野長治が、江戸の人形師森喜三郎を三次に連れ帰り、宮ノ峡の地において忠臣孝子の人形を作らせたのが始まりとされる説が伝えられていますが、これを裏付ける資料は何も残されていません。現在、明らかにされているのは、宮ノ峡土人形と十日市土人形(現三次 人形)の二つの窯元です。広島県北部に位置する三次市は、山陰と山陽を結ぶ要衝の地であり、市内には江の川・西城川・馬洗川の三河川が合流し、古くから舟運で栄えた地域です。

三次市の節句と三次人形

三次地方では三月節句を男女ともに祝い、土人形を贈答する風習が江戸末期から昭和初期にかけて盛んでした。旧暦三月三日(四月三日頃)前にはデコ市(雛市)が立ち、男児には天神や武者物、女児には女物の人形を買い求め、初節句を迎える子どもに贈りました。三次の雛飾りは、最上段に天神、下段に武者物や女物の人形を置き、節句を迎える子どもの人形だけでなく、家族の節句人形もすべて出して飾りました。

三次市の三次人形あれこれ

三次人形は、寛永の昔(1633年頃)、三次藩主浅野長治が江戸浅草の人形師をつれ帰り、家臣が一子をもうけるたびに祝物としてこの土人人形を贈ったのがはじまりと言われています。現在は人形窯元は一件だけで、絵付け作業が厳冬期にのみ行われています。お子様のお土産に最適です。江戸時代から現代までの三次人形を見学ができます。広島県県北部では、三月の初節句には子どもの誕生の喜びと成長への願いを託して、男の子・女の子ともに三次人形を贈る風習があります。

三次市の三次人形の製造方法

三次人形の製作技術は、2006年(平成18年)4月17日に広島県の無形文化財として指定されました。製造方法は、まず粘土を型にはめて成形し素焼きで焼き上げ、最後に彩色と膠(ニカワ)の塗布を行います。この表面に塗った膠が出す独特の光沢から別名「光人形」とも呼ばれています。

三次市の三次人形の起源

三次人形は寛永年間に、三次藩主浅野長治が江戸浅草の人形師、森喜三郎を連れ帰り歴史上の勇者や伝説上の人物の土人形を作らせたことが起源とされていますが、裏付ける資料は残されていません。長治は、家臣が一子をもうけるたびに、祝いとしてこの土人形を贈ったと伝わっています。

広島に行きたい! 信頼のホームページ制作会社をお探しなら!Java 案件|indecoインディコがオススメ!某生命保険会社の営業向けシステム上流工程案件。

三次市の三次人形の歴史

  • 1854年(安政元年)5月に石見国から瓦職人の大崎忠右衛門が妻と子供を連れて三次に来ました。忠右衛門は三次市山家町に良い土をみつけ、宮ノ峡(現、三次町)を窯を築き人形を作りはじめました。
  • 初期の人形は京都の伏見土人形や島根の長浜土人形の影響が見られますが、次第に独自の人形が作り出されました。
  • 二代目は忠右衛門の娘キサ、三代目はキサの長男弥三郎、四代目は弥三郎の姉ノブと引き継がれました。しかし、ノブの夫、丸本儀十郎は離婚し、1884年(明治17年)、原村(現、十日市町)に別の窯を築きました。
  • 儀十郎は宮ノ峡窯元の伝統を継ぐとともに、各地の人形を収集して研究改良を加えています。このため人形は2ヶ所で製造されることになり、宮ノ峡でできた人形を「宮ノ峡人形(みやのかいつちにんぎょう)」と呼ばれ、十日市でできた人形は「十日市人形」と呼ばれていました。
  • 宮ノ峡人形には「三次宮ノ海人形本元」という刻印を入れて本元であることを主張していました。しかし、宮ノ峡窯元は1916年(大正5年)、ノブの長男儀一の時に60年間続いた窯元は廃絶しています。
  • 二代目熊市は日本画の技法を生かし優れた人形を作りましたが、三代目藤一の代に第二次世界大戦により1942年(昭和17年)にやむなく製造を中断しました。
宮ノ峡土人形(みやのかいつちにんぎょう)

嘉永7年(1854)に石見国から移住してきた瓦職人の大崎忠右衛門が、上里村宮ノ峡(現三次市三次町)に人形窯を築いたといわれています。初期の人形は京都の伏見土人形や島根の長浜土人形の影響が見られますが、次第に形態や意匠、ステンシルによる彩色など宮ノ峡独自の人形が創り出されました。二代目は忠右衛門の娘キサ、三代目はキサの長男弥三郎、四代目は弥三郎の姉ノブと引き継がれてきましたが、大正5年(1916)、ノブの長男儀一の時に60年続いた窯元も廃絶しました。明治17年(1884)頃から十日市で人形製作が始まると人形の背面に「三次宮ノ海人形本元」という刻印を入れて本元であることを主張しました。

十日市土人形(とおかいちつちにんぎょう)
明治17年(1884)頃、宮ノ峡で人形製作に携わっていた丸本儀十郎が、原村岡竹(現三次市十日市南)に人形窯を築いたといわれています。儀十郎は各地の人形を取り寄せて研究を重ね、また博多から職人を招いて型を製作させるなどして華やかで美しい人形を創り上げました。二代目熊市も京都で学んだ日本画の技法を 生かした優れた人形を作りました。三代目藤一の代には第二次世界大戦中製作を休止しましたが、昭和31年(1956)、藤一の弟悳平(十九瓶)が藤一の指導のもとで窯元を復活させ、四代目を継承しました。この時、名称も「三次人形」に改称しました。昭和40年(1965)十九瓶急逝後は、妻昌子が五代目を引き継ぎ、美術大学進学を目指していた次男?氏も昭和42年(1967)から人形製作の道に入りました。平成七年昌子の死去によって、六代目が継承し、現在妻のみつ子氏、息子の尚志氏とともに製作を続けています。

三次市の三次人形の再興

1956年(昭和31年)、4代目丸本十九瓶が、周囲の知識人や文化人から応援を受けて再興し、名称を三次人形に改めました。新聞記者を職業としながら伝統の三次人形を作り続けましたが、1965年(昭和40年)に急死。その後は、十九瓶の妻昌子、そして現在は丸本たかしに引き継がれています。

三次市の三次人形の種類

天神(菅原道真) 座像・立像・牛乗り・松負・梅持など数種類あります。

「寝牛乗り天神」「立ち牛乗り天神」
2009年用年賀切手の図案として採用されています。
女物(特定の名前はない)
菊・牡丹・瓢箪・桜・扇など日本らしいものを抱いています。
武者物
男児の雄々しい成長を成長を願うもの。加藤清正、源義経、関羽などがあります。
その他
このほか、同様の願いを込めた人形として金太郎も数種類作られています。

三次市の三次人形の窯元

所在地
〒728-0014 広島県三次市十日市町南4丁目12-7
見学時間
平日9:00~17:00まで
お気に入り